HTCのSIMフリースマホのU12+とU11のスペックや性能の違いを比較!

ついに!

HTCからのハイスペックモデルなSIMフリースマホがMVNOからも発売が決定しました!

厳密に言えば、HTCの『U11 life』というSIMフリースマホはすでに楽天モバイルで発売されていたりしますし、Ymobileから発売されているOneシリーズもHTC製品だったりはしますが…

冒頭で「ついに!」と声を大にして言ってみましたのは、繰り返しになりますがハイスペックモデルが3キャリア以外からもセット購入が可能になった、というMVNOの歴史の中でも個人的には画期的なことだったからです。MVNO=格安SIM、格安スマホ=下位スペック端末のみの取り扱い、というイメージが少し変わるのでは…!?という期待感です(^o^)

ASUSやHuaweiなどからはiPhoneにも対抗できるようなハイスペックなSIMフリースマホはMVNOでの取り扱いが2017年頃よりチラホラ登場しておりましたが、HTCという、スマホ文化を支えて来たであろう人気メーカーからも、2018年夏、MVNOでの取り扱いがついになのです( ;∀;)

それが『U12+』と、昨年すでに国内ではauなどから発売されていた『U11』です、『HTV33』というau独自の商品名で発売されている端末になります。

ゆーじゅうにぷらす、ユートゥエルブプラス、などと発音するのでしょうか。

HTCのU12+とU11の違いをざっくり比較

U12ではなく、U12+なのですね、、「じゃあU12もあるのか??」と思いきや、どうもそれらしいモノが見つかりませんので、U12はU12+なのかな??という認識です。

2018年=U12+、では、U11は?というと、2017年モデルなのです、そして、U11とU11+の2つが存在するという現実(゚∀゚)!

どうしてこう、覚えにくい感じのネーミングにしてしまうのでしょうかねスマホ業界って…

U11が2017年5月発売、日本国内では6月以降に夏モデルとして発売されたものであり、U11+というのは同年11月に海外では発売されていましたが、日本のスマホ事業者の中では取り扱いがありません。

いやもちろん通販とかでは買えるんですけどね…

U11とU11+の比較をしたところで、基本的には日本向けにカスタマイズされたU11+はなかろうと思いますので省略します(ベゼルレスデザインっていう大きな違いが実はありますが…)。

U12+とU11のスペックの違い

主要なスペックを表で比較してみますと、

  U12+ U11
OS Android 8.0 Android 7.1.1(8.0アプデは可能)
CPU Snapdragon845(SDM845)
オクタコア(4x2.6GHz+4x1.7GHz)
Snapdragon835(MSM8998)
オクタコア(4x2.36~2.45GHz+4x1.9GHz)
メモリ RAM:6GB、ROM:128GB
microSDXC (最大256GBまで)
RAM:4GB、ROM:64GB
microSDXC (最大200GBまで)
モニター 6インチ(18:9)
WQHD+(2880×1440)
5.5インチ(16:9)
WQHD(2560×1440)
カメラ アウトカメラ1,200M+1,600M(デュアル)
インカメ800M+800M(デュアル)
 アウトカメラ1,200M
インカメ800M
バッテリー 3,500mAh 3,000mAh
充電コネクタ USB Type-C  USB Type-C
防水・防塵 IP68 IP67

もう、率直に言って、なにもかもがアップグレードされた、という印象しかありません。

U12+が存在する現在、U11を買う理由があるとすれば、値段が安く手に入るから、ということしかないような気が…

と言っても、U11も充分に優れた端末であることは先に付け加えて置きます、2018年現在でも相当なパフォーマンスを発揮してくれるスマホです。

が、どうしても2018年現在主流、マストな『デュアルカメラ』という部分と、『縦長18:9のスリム画面、ベゼルレスデザイン』という項目をU12+でクリアしているということを考えると、最先端なものがいい!というユーザーさんにとってはU12+にあっさり軍配が上がることになると思います(ボクもそうなります…)。

背面カメラ(アウトカメラ)のみならず、インカメ(自撮りカメラ)までもデュアルレンズになっているという、まさに最先端なカメラ技術。

ベゼルレスなスマホになったこともU12+の特徴

よりベゼルレスなデザイン、要するに「フチ無し」なデザイン、それにより可能になった横幅のサイズダウン(U11より2.1mmほどスリム)、そして画面の圧倒的なインチアップ感はU12+ならではの特権というか、HTCのスマホがようやくマイナーチェンジからフルモデルチェンジした!とすら個人的には思えるような、大きなグレードアップだと感じました。

余談ですが、液晶テレビも地デジ化が進み、出回り始めた頃はずいぶんとフチがありましたっけね…それが今や画面そのものがテレビ!というデザインになって久しいですよね、スマホもそれと同じ運命をたどっているというか、もうそうなりますと、一旦フチなしデザインの画面のスマホになれると、フチありデザインのスマホは見づらいし使いづらいし、ぱっと見で古臭く感じてしまい、テンションもちょっと落ちてしまいますね(´・_・`)

ここからは余談っちゃ余談になりますが、「より」と冒頭に書きましたのは、完全なベゼルレスデザインではない、という意味でもあります。

まるでスマホ保護シートのような『切り欠き』があります、これを『ノッチ』と呼ぶようです。

有名どころで言えば、iPhone X(10)からこの『ノッチ』ありのベゼルレスに近いデザインが採用され、Androidスマホもどこのメーカーも続々とこのノッチスマホを採用してきており、HTCも例外ではなく、U12+からノッチディスプレイデザインを採用した、ということになります。

余談の余談になりますが、完全なるベゼルレスデザインなスマホは今のところ中華スマホのDoogeeというメーカーの『MIX4』という端末が完全なるフチなしスマホです(ただしなんとびっくりスライド式!)。

ベンチマークテストの結果

ベンチマークと言えば有名な『AnTuTu』で、U11(スナドラ835)は170,000スコア、U12+(スナドラ845)は255,000、という情報がネット上にはチラホラ。

YouTubeではiPhoneXとU12+とでアプリ起動、操作までのスピードテストをしているものもアップロードされており、やや劣る、あるいは勝る部分もある、という結果が紹介されたりしています(海外の動画ですが)。

まぁもうつまり、U12+は2018年夏現在、地球最高峰のAndroid端末、と言っても過言ではないと思いますよもう…

 

と、ここまではU12+をひらすら賛美してみました、本当に素晴らしい端末です。

しかし、ちょいちょい書きましたがU11も相当な優れた端末であります。

U11とU12+の共通項目も結構ある

すべてを挙げるのは難しいのですが、高速充電が可能であるということや、ハイレゾ音源を楽しめるということ、エッジセンス対応であるということ、それにおサイフケータイも利用可能であるということ、などなど…

ボクが現在使っているHTC10(HTV32)は2016年モデル、つまりU11の一個前の、これもまた優れたスマホなのですが、デュアルレンズなんかあるわけもないし、画面はフチがありますし、おサイフケータイも防水も防塵もありませぬ( ;∀;)笑

「CPUの処理能力が優れてさえいれば、あとはカメラとか、ワイド画面とかどうでもいい」

という人にとってはU11の購入がオススメにもなってきます。

といってもau版やSoftbank版のU11ではなく、もっとお安く買えるMVNOがあるのです、ようやくそこそこ本題に入れそうな感じになってまいりました。

あとU11も16:9ですし5.5インチもありますので、そこそこのワイド感は充分にあるんですよ!

U12+が買えるMVNOは?

HP上でまっさきに先陣切って発売予告をしていた感があるのは『IIJmio(あいあいじぇいみお)』、そして『楽天モバイル』かな~という印象。

IIJmioは7月26日発売スタート、楽天モバイルは7月29日に店頭でのみ販売スタート、という具合です。

他にもNifMoやLinksMate(7月25日発売)というMVNOでも取り扱いがスタートします(^o^)

こういうMVNOブログを書いているくせに、LinksMateというMVNOが初耳だったという、、なんという自分自身の恥ずかしさ…

ちょっとU12+が買えるMVNO、どこで買うべきなのか、という詳細はまた別のページに書いてみようと思います(すでに3,500文字をここまでで超えましたので、別ページに書きます…)。

HTCのU12+をMVNOのセット端末購入する場合の料金を比較
HTCからハイエンドモデルである『U12+』が2018年7月下旬より、なんと、MVNOでも販売開始となります! これまで、HTCのハイエンドモデルのスマホは3キャリア(主にauですね)からしか発売されていませんでしたが…2018年になり、...

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました